当社にとってお客様のセキュリティとプライバシーはもっとも重要です

お客様のデータは安全です

今日のデジタル領域、セキュリティ、およびプライバシーは非常に重要な課題であり、慎重に保護する価値のあるものです。当社は最高のセキュリティ基準を提供するよう努めています。このWebサイト上、TeamViewer内、またはTeamViewer Management Console内でも、お客様のデータは安全です。

暗号化

暗号化

TeamViewerでは、RSA秘密鍵/公開鍵交換とAES(256ビット)セッション鍵暗号に基づく徹底した暗号化を採用しています。 この技術はhttpsやSSLと同じ標準に基づいており、現在の標準では完全に安全とみなされています。 鍵交換により、クライアント間の徹底的なデータ保護も保証されます。 これは、TeamViewerのルーティングサーバでさえデータストリームを読み取れないことを意味します。

アクセス保護

アクセス保護

TeamViewerは、PartnerIDに加えて、ソフトウェアを起動するたびに変更されるセッションパスワードを生成し、リモートシステムへの不正アクセスのさらなる防止を図っています。 ファイル転送のようなセキュリティ関連の機能では、リモートパートナをさらに手動で確認する必要があります。 また、目に見えない形でコンピュータを制御することはできません。 データ保護の観点から、誰かがマシンにアクセスしている場合、リモートコンピュータを操作している人がそれを検出できなければいけません。

2段階認証

2段階認証

TeamViewerは、企業がHIPAAおよびPCIコンプライアンス要件を満たすのをお手伝いします。2段階認証はセキュリティレイヤーを追加して、TeamViewerアカウントを不正アクセスから保護します。TeamViewerは、許可リストによるアクセスコントロールと組み合わせてHIPAAとPCIを準備します。2段階認証では、TeamViewerアカウントにサインインするにはユーザー名とパスワードの他に、モバイルデバイスで生成されたコードが必要です。コードは時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)アルゴリズムで生成されます。TOTPコードはSRPによって保護されるので、 介入者攻撃に対しても安全です。

品質証紙BISG

品質証紙

TeamViewerはドイツの「ドイツIT鑑定士査定人協会」("Bundesverband der IT-Sachverständigen und Gutachter e.V.": BISG e.V.)から5つ星の品質証紙で認定を受けています。

ISO 9001:2008

ISO 9001:2008品質保証

TeamViewer GmbHは、ISO 9001品質管理システム認定を受けたリモート制御市場では珍しい会社の1つです。

Fiducia

セキュリティ関係の検査FIDUCIA IT AG

TeamViewerはドイツのFIDUCIA IT AG (ドイツの銀行約800行のデータ処理センターを運用している会社)によるセキュリティ関係の検査を受け、銀行のワークステーションで使用できるという認定を受けています。

VeriSign

コードの署名

すべてのプログラムファイルは、VeriSignコード署名技術でセキュリティを保護されています。この技術を使用すると、受け取った実行可能ファイルの送信元を確認できます。

VB100

VB100

ITbrainマルウェア対策は、雑誌『Virus Bulletin』がその信頼性を認めたことを示すVB100認定を受賞しています。「WildList Organization」が発表する「In the Wild」(生きているウィルス)にリストされる悪意のあるソフトウェアの検出率が100%であることが、この賞によって認定されます。さらに、この賞を認定されたマルウェア対策ソフトウェアでは、誤検出があってはなりません。

PDFダウンロード

セキュリティ保護方針

セキュリティポリシーの詳細情報をPDFで入手可能:

PDFをダウンロード